2008/3/29 土曜日

★謎のデバイス・HKC Dual SIM★

Filed under: WM5.0 and Universal — Asukal @ 1:56:48

先日の情報ですぐに入手したDual SIMスロット搭載のHKT G1000であった!

本来は CDMA x1 + GSM の世界の風 W1000をゲットしたつもりであるが

実際はGSM + GSM の G1000 で有ったのであるが、

そんな事は気にしないAsukalであった!

ベトナムから帰国後、また買いに行けばいいのである!

そうすればあのネエチャンにあうことが出来るのである!(謎

と言うことで 中国初のWM6 OS (ホンモノ) を搭載した Dual SIM端末であろう

このG1000である、と言うかDual SIMを作るのは中国くらいなので 

Windows Mobile 6駆動のDual SIMスロット機としては世界初と言ってもいいだろう!

HKC_Dual.JPG

↑iPAQ hw6915とのサイズの比較である

LCDは360×240と言うちょっぴりAsukaly Eyesいじめな野郎である!

@ハードリセットは同志Sasaki氏の協力で発見できたのである

2番の発信キー + カメラボタン + 電源ボタン (スタイラスは使わないのだ)

 

 

HKC_Dual_dialer.JPG

↑まずはダイアルパッドである!

英語のT9搭載+発信に使用するSIMの選択発信ボタン付!

もちろんハードボタンのは発信ボタンにも SIM 1 或いは SIM 2 選択可能である!

HKC_Today.jpg

↑Todayである、オリジナルではないが基本的には簡単なTodayである

今回はMobi Fone (ベトナムSIM)をスロット1に、CSL HK (香港SIM)をスロット2に入れている。

上のTask BarにSignalが二つある、そしてTOdayにそれぞれのオペレーターが表示されてる

*CSLもMobiFoneの電波でローミング中

HKC_Duakl_SMS.JPG

↑SMSもSIM 1 と SIM2の表示がある。

発信もメニューからそのつどどちらのSIMから発信するか選択できるのだ

HKC_Network.jpg

↑データー通信に使用するネットワーク(SIM)を選択する

同時に両方のSIMを使っての通信は不可能である

ただし切り替えるだけで簡単である。

通話に関しては常時どちらのSIMでも発信、着信が可能である

HKC_OS_Versio.jpg

↑OSのバージョンとCPU、ちょっと非力であるが日常の使用には

問題無いレベルである!

HKC_RAM.jpg

↑メモリーのサイズ!148MBのストレージはありがたいぞ!

と言う事で!楽しいDual SIM端末であった!

偽WMの怪ざぁ~ は使っていない・・・・

Asuklay yours!

 

 

2 Comments »

  1. なんかコメント登録に失敗しちゃったみたいなので、もう一度トライしてみます。

    すごいっす!コレ!!!!!
    買物隊で扱いますか?(^^;;;;;;;;;
    めちゃくちゃ欲しいです。

    コメント by siam_breeze — 2008/3/29 土曜日 @ 10:20:01

  2. 3Gは非対応!

    EDGE/GSM 900/1800/1900MHz + EDGE/GSM 900/1800/1900MHz Dual SIM同時待ち受けです

    現状は中国語版しかないようですよ

    コメント by Asukal — 2008/3/29 土曜日 @ 11:51:36

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.317 sec. Powered by WordPress ME