2007/12/16 日曜日

★最近・・・★

Filed under: 日記 — Asukal @ 16:22:17

まったく欲しいWM端末が無く寂しいAsukalであった!

いや、欲しいという気持ちが無くなってしまったのかもしれない・・

最近では 同志TJ氏や、その他の暗黒 悪友の諸氏

そそのかされ次から次へと変なもの(?)を買わされている、

まるでいじめっ子の言うなりになる可愛そうないじめられっこ

Ijimerarely Asukalだった!(@_@;)

—下記はいじめられっ子の 『最近のいじめられ履歴』——

U1010

Everun

eeePC 4GB x 4台 (>_<)

eeePC 8GB x 1台 

でも、おかげで現在のWMデバイスと、UMPC(或いはMini)PCとの存在に関する

相対性理論や、今後の近未来のそれらの存在における可能性、意義、

或いはAsukaly Mobile Necessity のあり方が変わってきたのだった!

U1010はEverunの登場でAsukal にとって今や完璧に過去のものとなった

(誰か要らない?)

Everunはそのサイズで何時もAsukaly Bagの容積の一部を完全に確保するに至り

『Docodemo PC』或いは『Sauna de PC』となった!

Everun_leatherJPG.JPG

↑以前 O2 Xda Iのレザーケース購入時にVajaから、おまけでもらったレザーポーチがぴったりな事に昨晩気がついた!

Everun_leatherJPG3.JPG

↑羅湖じゃない証拠!Vajaだぞ!内張りもあっていいぞ!

Everun_leatherJPG2.JPG

↑Everunが入った状態!まったくぴったりだ!おどろき!

eeePCに関しては、まさに夢が実現した端末となった!

かねてから夢であったHDDレス、起動の早さ!使えるキーボード付き!

まさにWindows CEが進歩した(?)或いはその感覚で使えるPCを実現してくれたのだ!

(↑はあくまでもAsukalにとっての話)

さて話を戻そう,

AsukalがPocket PC(WM)を当時パートナーとして選んだ理由は非常に簡単だった!

@当時、海外互換の無い日本の携帯電話時代、

海外において海外の携帯で日本語を取り扱う絶対的な必要性が有ったのだ!

そう、PalmもSymbianにも挑戦したが同時に中国語も取り扱わなければ成らないと言う

この過酷な要求をクリアーできたのはPocket PCシリーズしかなかったと言う事実であった。

そして今日でも、その日中二ヶ国語を完璧にこなすことが出来るのはPocket PC(WM)系

しかないのである。Asukal的には日本語化等は実はくそ食らえ位の位置にしかなく、

日中二ヶ国語化こそが、Asukalの求めるところであったのだ。

日本語化はその副産物でしかなく、

Asukalのリリースこそして無い(?)腫れちゃう系はすべて日本語化用が不完全であり、

同志諸君から何時も小言を聞かされるのはこの為である。

まもなくSumbiam S3系もその夢が実現しそうであるが・・・・

という事で、現在は

*Universal=Asukaly Eyesに絶対必要な文字表示サイズ

*Treo750 =電話 + 二ヶ国語 SMS

*hw6915 =文字サイズ、同時にサブ電話

この構成ですでに確立されてしまっている。

と言うことで・・・(どう言う事だ??) 

最近は目的は特に無く、WM端末に欲しい機種も無く.面白い端末に走ってしまうのだっった!

★名づけて!阿修羅男爵 携帯電話

2Faces_Pjone.JPG 2Faces_Pjone2.JPG

↑表の白い携帯(裏かも?)  ↑裏の黒い携帯(表かも)

あの博士も絶賛の 『裏表携帯』である!

まじで非常に面白いのだ!

あるお方がこれをほしいということで、買物にお付き合いさせて頂いた際に

Asukaly Shockと言うか、或いはAsukaly Love at site!と言うか、とにかく買ってしまったのだ!

以前から2 SIM携帯がほしかったが、ほとんどが中国製のそのデザインが

『なんちゃって』の為、買うにはいたっていなかったが、

これはその造りも、機能も性能も、まさにAsukaly Shockであったのだ!

上の画像は2つの携帯ではなく、ひとつの携帯の裏と表なのだ!

世間、浮世、世の常と同じく、表は白くとも裏はBlackなのが、印象的だった!

2Faces_Pjone4.JPG 2Faces_Pjone3.JPG

↑まったく2つのモジュールが表裏に組まれているので、言語の設定も着信音もまったく2台の電話を持っているのと同じ感覚で使えるのだ (詳細は博士のサイトで)

英語と繁体字・簡体字中国語の3つの言語が選択できる。

Bluetoothもそれぞれ別のモジュールになっているので裏表でペアリングも出来るかも(笑!

2Faces_Pjone5.JPG 2Faces_Pjone6.JPG

↑なぜかキーだけは豪華なArabic対応    ↑SIMの入れ方

という事でこの一台、新たにAsukaly Bagに常設兵器として入ることになったのだ!

1台の電話で仕事と私事、或いは、あの娘とこの娘、等など使い分け

あ、そうだ、これはAsukaly Bagでは無く、羅湖で買った類ビ・トーンのポーチがいいな!

2Faces_Pjone7.JPG

↑Arabian成金を夢見て類ビ・トーンのポーチ(^^ゞ

Asukaly yours!

4 Comments »

  1. 類ビ・トーンに啼いた。
    うてんてん、買った!入札1500円!

    Comment by shamil — 2007/12/16 日曜日 @ 17:35:36

  2. 最低落札価格は10万円からでございます(うそ)

    Comment by Asukal — 2007/12/16 日曜日 @ 17:42:10

  3. 10万ドンでよろしいでしょうか??!!

    Comment by siam_breeze — 2007/12/16 日曜日 @ 18:05:19

  4. よろしくないです ・・・ハイ
    明日からTP HCMですよ~~ ハノイから空港まで来てくれますよね?
    距離的には 上海–シンセンより近いはずなので (^^ゞ

    Comment by Asukal — 2007/12/16 日曜日 @ 18:24:50

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.306 sec. Powered by WordPress ME