2007/11/29 木曜日

★愛死了 Universal 128MB★

Filed under: Hack! — Asukal @ 13:47:53

Athenaをゲットした!

U1010をゲットした!

Everunをゲットした!

すべては『夢の万能モバイル機器』を求めてであった!

しかしだぁっ! 実はAsukalにとっての『夢の万能モバイル機器』は、

やはりWindows XPの搭載されたUMPCではなかった!

でっかい画面のAthenaでもなかった!

二年前に発売された、『最後の良心・OEM HTC』から出された

Universalであった!

今、シーモンキー・Uniは乾いた大地に水を得て最前線へ向けて

よみがえったのである!

もう最高である!

その速度!そのAsualy Eyesにやさしい文字サイズ!

もちろんいうまでもなくCEシリーズ共通の、すぐ起動&すぐ電源OFFも

いうまでもなくWindows PCとは比べ物にならぬ使い安さ!

すでに外出先では常にUniversalを取り出しているAsukalだった!

同じくバッグにしのばせる Everunは、PCでなくてはならない緊急用でしかない!

(しかしAsukaly Bagで常時携帯を可能にさせたEverunの存在は大きいぞ)

Uni_ROM_Enoug2.jpg

↑アプリを極限まで実行しまくり、どの程度まで耐えられるか実験をした。

実際これ以上は思いつくアプリは無いところまで開きつくしたが、

 この状態でも快適である!

Uni_ROM_Enough.jpg

↑Task Managerでその利用状態を見てみる!

OS自体も結構使用している、が最上部のgwes.exeはアプリの使用状況に

よりサイズは変化するので常時このサイズではない(ほぼ最大値)

————————————————-

がやはりフォントやnlsを書き換えたい、ATOKや中国語入力を入れたい、

そんな東洋Asukalには Storageのサイズがもっと欲しいのであるが、

現状ではその領域の調整は不可能である。残念!

と言う話をしたら、かのBuzz_Lightyear同志

『You are not alone! a lot of guys want that』 と・・

実はこの悩みを持つ同志はほかにも沢山いるという事であった!

なんとBuzz同志! このサイズの入れ替えに取り掛かる手はずと言う!

実は2年間失踪していた ルソン島のパイレーツ・Toenailed 氏

戻ってきたのである!Buzz同志の相棒の一人であったToenailed氏、

彼の復活に狂喜の様相を見せ、

沈黙を破りあのBuzz同志も活動を再開するということである!

Toenailed氏とBuzz氏は以前 Xda2jojo氏と共に、

HimalayaのDOC Toolを完成させ、Xda-Devで喝采を浴びたコンビであったのだ!

注:DOc_tool =メモリーのアロケーションを強制的にバイナリレベルで変更する

当初オフィシャルより先に公開された世界初のWM5を搭載した

Himalayaは全部で40MB未満のメモリしか使えなかった

今のそのBuzz氏がUniのDOC Toolに再度取り掛かるという約束を

この東洋Asukalにしてくれたのである!

*以前も挑戦したが宿敵ルシア(=奥さん?)に行く手を阻まれ、挫折していた(~_~;)

さあいよいよ面白くなってきたぞ!

Asukaly yours!

3 Comments »

  1. マヂですかぁ~~~!?スロヴァキアへ向かって敬礼!

    Comment by shamil — 2007/11/29 木曜日 @ 16:41:49

  2. Asukal尊師
    はじめまして
    拙者、samurai-meと申します

    「あぁ、拙者も偉大なる先人達の様になりたい…」

    そんな考えになるくらいの偉業ですね

    Comment by samurai-me — 2007/11/29 木曜日 @ 20:58:10

  3. shamil同志>敬礼!

    Samurai-ne同志>日本ではかなりの英雄とお聞きしましたぞ!
     偉人はすばらしい!と言うAsukalは何もできずいつも偉人におねだりする
     のであった!

    Comment by Asukal — 2007/11/29 木曜日 @ 23:03:44

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.283 sec. Powered by WordPress ME