2011/5/31 火曜日

★なっくる・がぁーど★

Filed under: Moto,PDA — Asukal @ 6:54:18

前回中国で手に入れた白菜号用のハンドルとハンドルガードである。

 

実は前回の事故の際にクラッチレバーが折れ、

とりあえずバイクを走れる状態にするための応急処置の為に

バイク屋へ行く為の数百メートルをクラッチ無しで走ったのであるが

シフトに当たる部分の足の甲も怪我をしたので

クラッチ無しでのシフトは地獄の痛みだったのである。

もうあの苦しみを二度と味わいたくないとクラッチレバーを保護する為に

ナックルガードを付けたかったのである。

しかしFTRの純正のハンドルは中に振動防止のおもりが入っていて

中々市販のナックルガードがうまく付かないのである。

そこで前回購入した中華・白菜用の軍用ハンドルキットをつけようとたくらむのであった。

tm_handelFTR002[1].jpg

↑画像上側がガード一式、下がハンドル部分である

しかし中華ハンドル、あまりにも出来が悪いのでハンドルは使わないことに決めた。

ブレスバーとナックルガード一体式(一本式?)なので純正ハンドルにつけようとした場合

ハンドル幅も違う、加えて油圧ブレーキと後付油圧クラッチのマスターシリンダーが邪魔で

そのままでは付かない事が判明!そこでサンダーで3枚におろしてみる!

そしてグリップエンドにどうつけるかが問題だ、

ハンドルパイプ径よりちょっと大き目のナットをハンマーでぶち込む!

ChinaArmyGuard (1).JPG

↑命がけの力でハンマーを使いナットを叩き込む!

これで動かないのだ。

あ、この方法を使えば市販のガードも使えたんだ(笑

でナックルガード部分だけ装着!

ChinaArmyGuard (2).JPG

↑右ハンドルの様子 

グリップエンド部分はボルトとロック用に2個のボルトで留め

ハンドルの中央部はブレスガード用のクランプとL字ステーで固定。

ChinaArmyGuard.jpg

↑気分だけ軍用である、丈夫そうである。

で、何とかそれらしく付いたのである。

これでもう二度とあの苦しみを味わう事が無いと信じたい

Asukaly yours!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.278 sec. Powered by WordPress ME