2011/4/14 木曜日

★解放軍白菜号用  軍用ハンドル(ガード付き)到着★

Filed under: 未分類 — Asukal @ 16:42:52

ということで 前回クラッチレバーが折れたFTRの

クラッチレバー保護対策として 

中華白菜用号の軍用ハンドルに白羽の矢がたったのである!

handel=FTR002.JPG

↑上がガードである。下がハンドルである

ブレスガードとナックルガードを一本の鉄パイプでカバーする。

さすがは解放軍!

(日本のアグリカルチャー系のバイクにもあったはず)

handel=FTR000.JPG

↑この丈夫なハンドルガードでもう安心!

handel=FTR003.JPG

↑組み付けは男三人がかりでねじ曲げながらである!

さすがは八一の魂を宿したハンドルである!

Asukaly yours!

2 Comments »

  1. おはようございます。自分は中華のクランクシャフトとヘッドを数回テスト
    した事がありますが、チューンエンジンでもそこそこ大丈夫でした。ただ
    バルブの傘落ち、コンロッド折れは起こりました(^^; 中華系のバルブ
    なんですが、材質の関係だと思いますが、ボアアップ車には使わない方が
    良いと思います。使うならバルブ関係は国産が良いです。白菜のハンドル
    ですが、私も手に入れて時はねじれてましたよ。フロントキャリアも歪んで
    おりましたw

    Comment by RON — 2011/4/17 日曜日 @ 4:14:55

  2. さすがはRON同志
    すでに白菜ハンドルまでも経験済みとは。
    販売も元に聞いたらどうやら曲がっているのがデフォルトのようです^_^;

    中華エンジン、今までこの形式のエンジンを見ては互換が気になっていました。

    ただ小排気量しかなかったので互換テストもする気になれないでいたのですが

    今回中華も223ccへとあがったようなので今回テストしてみる気になりました。

    中華ヘッドもおっしゃるようにヘッドはバルブが怖くて使う気になれません。
    中国に住み、中国製品を商売で扱っていますと
    中国と付き合えば付き合うほどその(品質の)怖さが怖くなります(ーー;)

    これはあくまでも日本のエンジンと互換性を見るためにかっただけです。

    あとヘッドカバーだけ色を縫っていなかったので
    使える様なら今ついているヘッドカバーをはずして日本に送って
    塗装してもらう間の代替品にしようと言うもくろみです。
    カバー内のタペットも信頼なりませんがw

    結晶塗装がベトナムではまだできない(無い?)のか
    見つからないんです、
    シリンダー、ヘッドはサンドブラストと結晶塗装をしてあるんですが
    ヘッドカバーだけやってなかったので最近気になり始めました(^.^)

    AIの口がない分すっきりしますのでタペットを移植して中華を塗装も良いかもしれませんね。

    ヘッドもポートのAI穴が無いので純正バルブを移植してもらいついでにポート加工も

    いずれは良いかもなんて思っています。自分ではできないですがw
    結晶塗装、ベトナム人の注目の的になります。
    私本人はまったく注目されませんが(泣)
    エンジンだけはヒーローになれます!(~o~)

    Comment by Asukal — 2011/4/17 日曜日 @ 8:57:52

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.280 sec. Powered by WordPress ME