2010/11/30 火曜日

★Cho Longの中国名『堤岸』の謎、解明セリ★

Filed under: Vietnam — Asukal @ 10:12:28

中国語のGoogle Mapで見つけたベトナムの唐人街(チャイナタウン)である

チョロンの中国名表記 『堤岸』 の謎が解けたのである。

と言ってもAsukalが解明したわけではない!

Google検索が偶然にも解明してくれたのである!(^_^;)

GGLChinese[1].jpg

↑簡体字中国語 Google Map

—————————–抜粋—————————–

明の移民はドンナイ河からメコン河にかけての土地を開拓し、他の地域よりも遥かに繁栄させた。

彼らはコーチシナ(現南ベトナム)の河川の合流地にタイゴン(Tai-Ngon)と呼ばれる町を建設した。

これが現在のホーチミンのチョロン地区に当たる。その後チョロンはアジア随一の米の市場となり、マレー人、インド人、ヨーロッパ人、日本人などの商人が数多く居住し、商業の町として繁栄した。

ここより無断引用(苦笑 ↓

http://www.cnc.takushoku-u.ac.jp/~kakyonet/nl6/1.htm

————————————————————–

Cho LongはかつてはTai Gon = 堤岸 だったのである!

Asukaly yours!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.286 sec. Powered by WordPress ME