2010/10/27 水曜日

★ちょっと思いついた事・『漁夫の利』★

Filed under: 日記 — Asukal @ 8:42:02

尖閣諸島の問題で日本海の緊張が高まる。

中国人民達(政府?)は沖縄まで返せと言いだしている。

こんなかつてない日中間緊張の中で

『やはりアメリカには沖縄にはいてもらわないと・・・・』

と言う私の知る日本にいる日本の人たちが言い出している。

と言う話から今回の衝突で一番とくをするのはアメリカさん

の様な気がするのはAsukalだけであろうか?

アメリカと言う宗主国に踊らされた日本と元宗主国の中国?

傀儡政権 日本のみじめな運命はいかに?

Asukaly yours!

追記:

先日 中国中央電視台の討論会、尖閣諸島問題の中国のタカ派と穏健派の

討論会を見た。明らかに中国国民に対するプロパガンダ用の番組であろうが

タカ派と穏健派に分かれているものの両派の共通するこの問題に関する

根源には『日本にこの尖閣諸島に関して主張する権利は無い』と言う

ものであった。

 

3 Comments »

  1. >>『やはりアメリカには沖縄にはいてもらわないと・・・・』
    を狙って火を着けたわけで、ヌケヌケとついでに思いやり予算というミカジメ料の増額を要求してきてるのが、世界最大のマッチ-ポンプ国でユダヤに支配されているアメリカの実態でしょう。

    この奴属関係を清算できなければ、未来永劫アメリカポチ議員が国民の資産を贈り続けるのではないでしょうか。

    この構図は明治開闢以来、ユダヤの戦略に組み込まれている事のようです。

    Comment by FlatSpinManiac — 2010/10/27 水曜日 @ 11:29:29

  2. 中国の狗になるぐらいなら、美国のバター犬になったほうがマシという感情もありそうですがね。
    変態痴呆マゾとバター犬。どっちもどっちだね。

    Comment by ナイトダンサー — 2010/10/28 木曜日 @ 16:15:14

  3. どっちに転んでも所詮敗戦国日本、亡国の民ですね。
    くやしいですね。皆が平和で幸せならどちらでも良いのですが
    それも許されないのかな?

    Comment by Asukal — 2010/10/28 木曜日 @ 21:54:54

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.295 sec. Powered by WordPress ME