2010/5/24 月曜日

★ちょっと一言・・・★

Filed under: Moto,Vietnam — Asukal @ 12:08:04

バイクの話をちょっと・・・

と言っても最近はバイクの話ばかりであるが。

Asukalのバイク、色々取り付けている。

カットビ屋、エンスー、コダワリ・ライダー、ダンディーな単車乗り(全部死語?)の

方達から見ると

『なんじゃ!このチンドン屋バイクは!』

『邪道だ!』

パニアだ!風防だぁ。。?GPSだぁああ!?どろよけだぁ?おらぁ!

と叱られそうな仕上げになっているのだ。

実はAsulkal本人もそう思うのだ。

シンプルでクールなバイクで流したい・・・

それは同じである。

 

♪けれどもぉ!その夢すてさせる♪(ヤマトタケシの歌・風)

そう希望も夢も妄想もベトナムは許してくれないのである!

1;ベトナムの交通事情がぁ♪

2;ベトナムの道路事情が・・・♪

3;ベトナムの道路交通法がぁあああ・・・・・・♪

♪この地の掟がぁ すてさせぇ~るぅ♪ 

 おわり!

ベトナム税関から引き取ったばかりのHondaに乗り初の遠乗りの際

その道中、『ずっとこの速度?ずっとこのペース?』

日本からの新車に乗れる喜びと同時に脱落感に襲われたのである。

かっこよく、気持ちよく走りたいと言う夢は許されないのである。

もちろん法規的に何も恐れない、現地人民ライダーの顰蹙を買う覚悟が

あればその限りではないが、38式Asukalはもうそういう年でもない。

どうする!Asukal!? と自問自答であった。

走れば走るほど溜まってくるストレスと不満!このままではバイクに乗るのが

いやになってしまう!それをクリアする方法!

と言う事で 『旅、冒険(大げさ?)、チャレンジ!』とバイクに求めるコンセプトと

ベクトルを換えることにしたのである!

そうだ!今ベクトルは『Travel/Adventre/Chalange』なのである!

略称 『TAC』 である!

ある意味において、自分自身に対して開き直りを強制した結果なのである!

本来のAsukalの趣味趣向を捨てさせたのである!

*街灯のまったく無い暗い夜道を安全に走破するための大型ライト。

*若いころ乗っていた頃では考えもしなかった大きなリアケース、

*想像を絶する激しいスコールや、風から身を守る為、そして老体の体力消耗を

  最小限にする為、且つ電子機器をスコールから少しでも保護と考えて

 取り付けた風防(スクリーン)

*そして同時にそのスコールを避けては走れないと言う事実を受け止め

     その対策としての防水器具の数々と泥除けの数々!

*小さなバイクでもより快適により遠くまでたどり着ける為の

 微量の排気量のアップ等。

*言葉も通じず道や現在位置を訪ねることもままならぬ、加えて路標も目印も無い,

 仮に路標があってもそれが地名なのか目的地なのか、

 或いは歩行者注意と書かれているのか山賊注意なのかも分からない異国の地、

 山間部や田園地帯で現在位置や進路を自力で知る為の解決法案としての

 GPSやナビ。

*もちろんナビを使う事に走る事とは別のベクトルで道中を楽しむ。

*劣悪なオイル品質対策としてのオイルクーラー

*加えて劣悪な燃料環境対策としての燃料低温化対策(謎)

*何度も止められた経験からコマワリ君対策の日章旗と国連旗(爆

*スコールの中では役に立たない防水シューズに換わる 

 超掟破りなサンダルと 短パンスタイル!

こうして一日に何度も襲い掛かる激しいスコールの中を走りながら

或いはAsukalを焼き尽くすばかりの灼熱の太陽の下を一日走りながら

問題点を一つ、また一つとクリアしながら

作り上げた来たFTRとDRなのである!

AsukalyFTR223_2.JPG

↑初公開のサンダル履き月光仮面!(短パンはおねしょの為ジーンズである)

DR300inRain3.jpg

↑激しいスコールの中じっと耐えるスズキ・・(使いまわし画像)

もちろんキャブレターやその他一部は上記を逸脱している事は分かっているが、

このくらいの遊び位は許して欲しいと自分に言い聞かせているのである。

諸君!なのでAsukalのやっている事を決して笑わないで欲しいのだ!

諸君には諸君の二輪に対しての美学・哲学があるだろう!

Asukalは自ら日本にいた当時の美学と哲学を捨て(?大げさ?)

新しいメコンの哲学と美学を作り上げているのだ!

 

 

・・・・・・・・と言ったいいわけを言いながら 浪費をして行くAsukalであった(爆

Asukaly yours!

 

4 Comments »

  1. 初めまして、いつも拝読させていただいております。
    過酷な環境では実用性第一です。
    私はベトナムではヤマハの135cccに乗ってます。
    でも正直面白くないので日本からバイクを持ってきたいと思ってました。
    今回の記事でFTRを税関から出すという件がありましたが、FTRは個人で輸入されたのですか?
    もしよろしければバイク輸入の方法についてご指導いただけませんでしょうか。
    あるいはFTRを売却される予定がありましたら是非ご一報下さい。
    どうぞよろしくお願い致します。

    コメント by KTMSN — 2010/5/25 火曜日 @ 22:37:23

  2. はじめまして
    スコールすごいですもんね・・こちら。
    雨だ!雨具だ!ああ、GPSがああぁ!
    自分を守るか、GPSをまもるか選択の時間も無く・・・泣

    バイクは個人でやりましたが 輸出側も輸入側も商社名でやり取りしました。
    日本の輸出側は盗難バイクのベトナム及び東南アジアへの輸出がかなり
    有ったらしく日本の乙仲(通関業者)も個人ベースで依頼しますと
    犯罪者を相手にする様な態度になってきます。

    ベトナム側では基本的に新車(新車の定義はわかりませんが)しか輸入を許していないのでまず日本で新車を購入しました。
    日本のバイクショップも犯罪にかかわる新しい法規で必ずナンバーを取得しないと売らないのでいったん取得したナンバーを廃車し、その廃車証明をバイクの書類と共に乙仲に渡します。

    ここまで海外にいるため自分では出来ないので友人の手をかなり借りることになりました。

    後は乙仲が船を手配し出荷してくれます。
    ここまでですでに1ヶ月ほどかかりました。

    乙仲に依頼する前にコンサイニー(受け取り側)の商社、会社)を探しておく必要があります。
    現地のバイク屋がいいと思いますが、私が頼んだのは10数年付き合いのある元国営貿易商の紹介のバイク商社でした。
    が、その商社はアメリカから中華バイクを何度も仕入れているのですが今回は150ccを超えるバイクが始めてで150ccまでの輸入許可(ライセンス)をもっていないと輸入出来ないと言うこと始めて知り、サイゴンポートについてから150cc以上の輸入許可を取るしまつで、税関から取れたのが3ヵ月後くらいではなかったでしょうか?
    ベトナム人でも半年くらい税関から取れないこともあるそうです。

    今度は輸入できても書類の作成の問題でA2ライセンスと言う150cc以上の特殊ライセンスを持つ人の名義で作成しなければなりませんが、A2ライセンスは警察官とか特殊な役人くらいしか持っておらず、コネを探してもわけの分からない外人には中々名義を貸してくれませんでした。名義人がないとバイク屋の名義のままでナンバーが取得できません。

    この書類の名義人になってくれる人を見つけるまでに2年かかりました。
    外交官クラスなら持ち込みもナンバーも免許も簡単らしいですが。

    大筋はこんな感じでしょうか?
    私が遭遇し私が受けた説明の範囲ですのでウソやいい加減な話もこの中にはあったと思います。が 知る由もありません。

    関税90%とナントカ税でバイク価格の120%とサイゴンポートの保税倉庫代、
    しかも購入価格32万円はウソだと却下され 50万で計算されるしまつ。
    日本からの海上運賃と乙仲や商社の手数料で20万絵くらいとストレス。
    日本で30万円ちょっとのバイクが130万円くらいの高級バイクに変身しました・汗

    私は貿易商なので一度ベトナムへバイク(商品)を持ち込むとどういったロジックを経験する必要が有るのか知りたかったのもあったので挑戦しましたが普通はやらないほうがいいと思います。

    ご存知の通り、コネの国ですので強力なコネがあればもっと簡単に、それこそ禁止の中古バイクも持ち込んでいる業者もあるほどですので苦労無く持ち込めるかもしれませんが。私はもう二度とやりたくないですね。

    こちらで輸入バイクの新車価格が 日本の価格x2.5倍になるのも良く分かりました。こちらで中古か新車の輸入車(中型以上)を買われる方がストレスも無くお金を払ったらすぐに乗れると思いますよ。

    ちなみにこちらで買った中古のスズキは程度最低でUS$2500でした。
    その後人並みに修復するのに同じ位費やしました。

    90年以降の程度の良い同等のオフ車はみなUS$4000~6000します。

    カンボジア経由で入ったFTRやその他の日本製中古も結構あるようです。

    詳しい経路は分かりませんが・
    参考までに持ち込み正式にナンバーが取れるまでの経緯は

    ★バイク購入;2008年8月27日
    http://asukal.net/blog/?p=617

    ★乙仲持込;2008年9月16日
    http://asukal.net/blog/?p=631

    ★HCM Port着;2008年10月16日
    http://asukal.net/blog/?p=664

    ★税関ウダウダ;2008年11月1日
    http://asukal.net/blog/?p=673

    ★税関倉庫へ押し掛け!2008年11月14日
    http://asukal.net/blog/?p=693

    ★通関完了ガセネタ;2008年11月17日
    http://asukal.net/blog/?p=694

    ★通関完了ホンマ;2008年11月19日
    http://asukal.net/blog/?p=695

    ★初乗り!:2008年11月23日
    http://asukal.net/blog/?p=698

    ★書類作成の車検:2008年12月2日
    http://asukal.net/blog/?p=701

    ★ナンバー正式取得;2010年5月11日
    http://asukal.net/blog/?p=1046

    (二年間ナンバーどうしていたのかツッコミは無しで願います・汗)
    なので中々譲ると言うのには忍びないですね。

    ベトナムを離れる決心をしたときにはご相談にお乗りください。m(__)m

    コメント by Asukal — 2010/5/25 火曜日 @ 23:39:31

  3. 詳細なご指導ありがとうございます。
    大変参考になりました。
    やっぱり並大抵じゃないですね。
    思い入れのあるバイクを譲って欲しいなんてお願いしまして失礼しました。
    私もサイゴンで中古のオフ車を探してみます。
    A2免許も文化スポーツ観光省の推薦状があれば、なんて話も聞きましたのでトライしてみます。
    結果出ましたらまたご報告します。
    どうもありがとうございました。

    コメント by KTMSN — 2010/5/26 水曜日 @ 21:43:27

  4. 思い入れのあるバイクを・・・
    ↑ある日突然 ウリタシ!となるかも知れませんので^_^;

    A2も何でもコネ次第らしいですね。
    私は文化スポーツ観光省と言っ多様な立派なコネは残念ですが無いので・・・
    Lang Anh省やBen Tre省なら行った事はありますが(笑

    でも中古のオフバイクの8割の登録カードが175cc登録ですよ、
    理由は定かでは有りませんが。

    コメント by Asukal — 2010/5/26 水曜日 @ 23:10:52

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

HTML convert time: 0.322 sec. Powered by WordPress ME