2010/7/20 火曜日

★迷路・メコンデルタ!★

Filed under: GPS/Navi,Moto,Vietnam — Asukal @ 13:57:00

まだまだ未走破は道がいっぱい残されている

南サイゴン-メコンデルタである!

Google Mapに書かれた道路はほぼ走破したのであるが

それ以外の農道、生活道路、あぜ道や抜け道を探し探検に

出るのである!

7月19MyThoThanANh_MAP.jpg

↑昨日のルートである!

(more…)

★遅ればせながら・・1万キロ★

Filed under: Moto — Asukal @ 13:02:51

スズキ・黄電改250が最近絶好調なため

どうも日ごろの遠乗りはスズキになってしまう。

毎日の足になっているのも大きいかもしれない。

あ、毎朝コーヒーショップ『U-Bridge』への往復26kmほども

かなり聞いているかも?

どうも赤土ロードにホンダを持ち込むのが

もったいないと言う面もあるかもしれない。

実際は赤土ロードでもホンダは結構乗りやすいのだが。

スズキはこの2ヶ月でほぼ3000キロの走行距離である。

昨年の8月からでは約6000キロ位だろうか?

ホンダも本日やっと1万キロに達成である。

ちょっと最近サボり気味?

10000km_FTR.JPG

Asukaly yours!

★サイクルGPS★

Filed under: GPS/Navi,Moto,Vietnam — Asukal @ 12:05:32

チャリンコ用のGPSである!

LCDが付いていて 速度、標高、時間、距離そして

ログも取れ、さらに防水・防塵対策済みなのである。

ナビや、途中で電源を切ったりソフトリセットをすることが有る

PDAでののGPSソフトよりログは確実でその衛星補足力も確実である。

バイクに取り付けたりポケットに入れ出張の際のログ取りにも最適である。

よって確実なログを取るために常時持ち歩いているのだ。

数社のチャリンコ用GPSを利用してみたのであるが

Asukalのお気に入りはHolux 245である。

 Holux245SpeedAndDistance2.JPG

↑ホンダのバイクに取り付けた図

どこが良いかと言うと、ログを取り始めてからの距離と時間が

一つの画面で常に表示できると言うのが良いのだ!

いろいろ使ってみたがこれができるのはHpluxだけであった!

なぜ移動距離と時間が同時に表示される必要があるのかは

Asukalの好みによるところが大きいので他メーカーには責任は無い!

(more…)

★Getacにパワーを!★

Filed under: GPS/Navi,Moto,Vietnam — Asukal @ 1:03:37

Getacである!

ミルスペック、IP規格の防水・防塵GPSデバイスである!

この時点ですでに無敵なのである!

GetactUnderSunshine.jpg

が、たった一つ

問題というほどでも無いが解決したい問題があったのだ!

それはいくらIP67の防水規格であろうとも

それはデバイスの下部のカバー、すなわちUSBポートや充電コネクター

のカバーを一旦外すとそのIP規格は無効になるのだ!

天気がよければバイクから電源をとりながら駆動させればよいが

雨季のベトナムである、とっさに襲うゲリラ雨の際にGetacから電源を外し

電源ポートにカバーをかぶせているとAsukalはすでにパンツまで濡れる事になる。

充電をしなければ完全防水であるが、事前に十分充電をしていないとか

カバンの中で何らかの拍子でスイッチが入ってしまっていて

使用の際にすでに電池残量が余り無いという目にもあっている。

さらに駆動時間8時間と謳われているが連続で、

しかもバックライト照度最高にした状態では5時間くらいなのである

デバイスの電源を入れたまま7時間以上の移動を頻繁にするAsukalに

とっては駆動時間はもっと必要になってくる!

と言う事でさっそく、

駆動しながら、IP規格を保持しながら充電可能なデバイスに創り上げることにする!

(more…)

2010/7/19 月曜日

★Return to the River★

Filed under: GPS/Navi,Moto,Vietnam — Asukal @ 21:45:33

今日は此処である!

ReturnOfLongAnh.jpg

実はこの場所、因縁の場所なのである!

赤土ロードをひたすら走り、やっとたどり着いた渡し船乗り場!

渡し船を待つ間にコーヒー屋さんでカフェスダをすする、

船が来てエンジンを掛けようとキックを思い切り踏み込むと

サイドスタンドがボッキリ折れ、バイクごと赤土ロードに倒れた

あの因縁の場所なのである!

当時クラッチスターターのベアリング張り付きの為、

走行中ずっとクラッチスターターがセルモーターを回し続けると言う問題が

発生していたため、ベアリングが日本から届くまでの応急処置として

クラッチスターターとセルをつなぐギヤを一つ外したまま走っていたのである。

その為当時はエンジンスタートはキックのみと言うお粗末な状態だったのである!

さて倒れた際にキャブがオーバーフローしたのか中々エンジンがかからなかった

のである! サイドスタンド無しで足場の悪いこの場所で思うようにキックが

踏み下ろせなかったのもあるかもしれないが、その時は汗まみれになって

フラフラしながらの応酬を繰り返したAsukalであった!

ReturnOfOngAnh2.jpg

↑渡し船(フェリー)が入るまでに色んな船が入ってくる

さて、今回再びこのコースを攻めようと、心機一転やってきたのである!

その時である!当時のボロボロスズキと汗まみれになりながら

格闘するAsukalの姿を覚えていたコーヒー屋さんのオヤジであった!

もちろんスタンドが無くふらふらするAsukalのバイクを支えてくれたりと

手伝ってくれた人情のオヤジである!

他の船を待つ人民に当時の話をうれしそうに大笑いしながら話している

様子である!そしてAsukalに向かって、懲りずによく来たな!

とでも言っている様である!

(ベトナム語はわからないので全ては勝手な想像であるが・・)

うれしいねぇ・・・・サイゴン周辺及びメコンデルタの人たち、

食堂、珈琲屋さん、渡し船のチケット代招集係)は

いつも同様に再会を喜んでくれる!

人情の南ベトナム!ああ、古き良き気質が今でもそのままな

大きなイナカ、南ベトナム!本当にほのぼのさせられる。

Asukaly yours!

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.320 sec. Powered by WordPress ME