2009/5/19 火曜日

★Moc Hoaでゲット★

Filed under: Moto,Vietnam — Asukal @ 18:08:58

DolianOnDucati (カスタム).JPG

↑4つである!4つまとめて20kgほどであった!

tm_Ducati_case.Dolian.jpg  

↑大切なDucti Caseに4つ難なく入るが・・・・・

あと4つほど買っておけばちょうど収まりもよく

ケースの中で揺られぶつかり合い、果汁がこぼれ、

かほりがケースにしみつく事も無く、泣かずに済んだのに!

ケチるもんではないなぁ と反省であった!

DolianOnDucati (1) (カスタム).JPG

↑そのかほりの主は、、、ど・り・あ・ん! うっめぇ~!

Asukaly yours!

2009/5/18 月曜日

★知られざる国境線Moc Hoa★

Filed under: Moto,Vietnam — Asukal @ 17:47:01

Moc Hoaと言う国境の街へ行ってきたのである!

ネットで調べてもあまり情報の無い街である。

統一前の南ベトナムの特殊部隊の拠点が点在していた

街であると言う情報くらいしか無い。

外人や、観光客が訪れるような街ではないらしい。

が、行って見たのである!(Moc Hoa Google Mpa)

MocHoa.JPG

↑HCM市内から片道130km、往復260kmほどの街

国道1号線をメコンデルタ方面に南下し

Tan Anから62号線を西北へ向かう!

果てしない直線道路の組合せで 単線対面通行の農道の様な

道路で、ほぼ99%舗装はされていた。

運河沿いに全ての道はあり、ベトナム南部の幹線道路が

殆どそうであるようにこのルートから他の方面へ繋がる

”抜け道””別ルート”、”ショートカット”は殆ど無いのである!

言い換えればこの道しかないのである!

他の地域へ行くのであれば運河を利用する方がずっと効率が

良いのではないか!と想像される。

そして道中、果てしない植林された(恐らく)マングローブの森を

抜けるのである。

ForestMocHoa.JPG

↑道中全てこの景色である!

ForestMocHoa2.JPG

↑道中の景色・オプション2 (汗

ベトナム・カンボジア国境に近い地域であってもメコンデルタ

に属するこの地域は南インドシナ海の海水が絶えず浸食してくる

信じられない地域なのである!(参考資料リンク)

 

(more…)

★企業秘密★

Filed under: Moto — Asukal @ 13:53:15

Giviのサイドケースを取り付けてもらっている間に

両隣のショップを除いて見た。

そのうちの一軒がバイクのボディーを透明な

シートで覆い、傷からボディーを保護する処理をしているショップがあった!

実は以前買ったYahama Classicoも購入時にこの加工が施してあったのだ!

と言うことで このショップのオヤジに

『今あそこでサイドケースを取付ているバイクのタンクだけ加工すると幾らだ!』

と、中国語で聞く! しかしオヤジは広東語しか話せないようであった!

まあ こちら普通語(日本人が言う北京語)、あちら広東語で何とか会話をする。

8万ドン!(US$4.50)である!オッケである!

タンクバッグの磁石とタンクの間に入り込んだ砂塵ですでにかなり

傷の付いたAsukalのタンク!これ以上傷をつけない為に

サイドケース取付完了後、早速持ち込むのである!

2_BodayCoat3 (1).JPG

↑こうやって・・・まずは二人でシートを広げる!

画像の人物は職人である。右の手だけがオヤジである!

2_BodayCoat3 (2).JPG

↑ぺちゃ・・・

2_BodayCoat3 (3).JPG

↑ペタペタ・・・・・・

4_Accomplished.JPG

↑ほぼ完成である!めちゃ綺麗に張ってくれるのである!

Asukalが日本人なのに華語(中国語)を話すのでなぜか大喜び

ではしゃぐ 店のオヤジ!

おまけだ!と言わんばかりに黄色いシートを持ち出し

頼みもしないのに切り始める・・・・

3_Omake (1).JPG

↑アヒルのクチバシ状態・・・・オイオイ・・・

3_Omake.JPG

↑おっ!割といけるじゃん!オヤジ!

と言うことでこの職人の歯は多くのメタルで強化されていた

のも事実である!

Asukaly yours!

★Giviサイドケースを付ける★

Filed under: Moto — Asukal @ 13:16:23

Giviである!

バイクに付けるサイドケースが欲しかったのである!

理由は市内のちょい乗りでDucatiパニアはでかすぎるのだ!

そしてDucatiパニアで全長が伸びた我がFTRは駐輪場で一台だけ 

他のベトコンバイクの列からはみ出してしまうのである!

常時雨具を入れておく、鞄や小物を入れたりする

日々の使い勝手の良い小さなケースが欲しかったと言う訳だ。

@ミッション1  ; 5区にあるGiviの正規ショップに電話し在庫を問う!

           在庫は無いが卸した先のショップを数件紹介してもらう

@ミッション2 ; 紹介してもらったショップに電話する。

           5区である、Cho Longである!チャイナタウンである!

           華語で離してみると通じるのである!

           広東人訛りであるが何とか普通語=國語=北京語も話せる様である!

           価格を問い合わせると 左右フルセット Type E21で

           100万ドン!およそUS$56である。おっけである!

@ミッション3  100万ドン握り締め5区へ行く。

ChoLong_motoStreet.JPG

↑5区のバイク問屋街である!

ChoLong_motoStreet (1).JPG

↑おびただしい種類のパーツが!

@ミッション4 ;めでたくゲットするがそのショップでは取り付け加工は

           出来ないと言うことである為、別件で一年くらい前に訪れた事が

           ある同じく5区の加工屋へ持ち込んでみる!

           加工屋が二人で相談し始める。 加工賃は材料代込みで

           80万ドン!約45ドルである!もちろんオッケだ!

@ミッション5 ;  取り付け加工だ!

1_GiviSupport (1).JPG

↑以前パニア用につけたステーを角パイプから丸のソリッドに変更!

1_GiviSupport (2).JPG

↑切断と溶接を繰り返しさび止めに黒く塗装してくれる!

1_GiviSupport (3).JPG

↑ベースを組み付ける!

WebカタログにあるE21のサイドケース専用のベースと違い、

購入したE21の場合は荷台に付けるパニアの物と共通らしい

ベースが付属していた。

1_GiviSupport.JPG

↑ほぼ完成である!所要時間4時間半(汗

完成するまで、炎天下で”お風呂イス”に座って

かふぇ・すぅあ・だ をススッテ 待っていたのである!

@ミッション6 ;帰ってDucatiパニアとの相性を見る!

5_FullRoad4 (2).JPG

↑ふむふむ!

5_FullRoad4 (1).JPG

↑左右のバランスもバッチリダ!(T_T)

左と右のサイドケースの高さが違って見える場合は 

眼科医へ行くことをお勧めする!

誰がなんと言おうと・・・・・

左右は同じ高さである・キッパリ!

E21サイドケース・フルセット 100万ドン!

取り付け加工賃、材料込み  80万ドン! 合計180万ドンである!

Asukaly yours!

★ビキニの威力★

Filed under: Moto — Asukal @ 12:25:14

制限速度35kmに命を懸ける男Asukal!

すべてはこの35kmにあるのだ!(^_^;)

と言うことでビキニ・カウル、高速性能うんぬんは

問題ではないのである!

雨よけ(泣)なのである!

そしてシェードとして 取り付けたPDAの画面をハッキリクッキリと

炎天下でも見やすくしてくれるのであった!

GPSinCowl.JPG

↑ちょうど良い日よけが出来たGetacであった!

GPSinCowlIkonJPG.JPG

↑iKONも取り付けてみた(装着テストのみ)

日帰りの旅にはVigo VIetmap GPSmile55を上記の

Otter 防水ケースに入れて装着するが

市内の近距離ではGetacの方が気軽で良い。

Asukaly yours!

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.324 sec. Powered by WordPress ME