2010/11/30 火曜日

★電話・・・★

Filed under: 中国聊天,GSM/携帯,PDA,Vietnam — Asukal @ 9:31:42

電話である。

最近は常時携帯する台数に自己規制をかけているのだ。

その数は3台である。

歳のせいか重量がかなり気になるようになってきた。。

3台が限界である。 と言う事で

現在サイゴンでは

* Treo 750v (メイン機として通話、SMS)

 ↑は今後はi-Mate防水電話に置き換え予定。

* iKON (GPSやメール、主にネットを使ったアプリ)

* HCK Dual SIM (中国と香港のSIMを入れて待機)

そして中国では

* HP iPAQ hw6915 (もうサイコー!画面の大きさ、入力のしやすさ)

どうせ中国移動のGSM互換は3Gが無いのでこれで十分!

* iKON  (GPSやメール、主にネットを使ったアプリ)

* HKC Dual SIM (香港のSIMを入れて待機)

といった感じである。

しかしHKCは,画面が小さい、文字が小さいのでSMSの返信が苦しいのである。

そう、画面ぽちぽちが命中しないのである。

加えて文字が見えない・・(汗

しかもベトナムにいる時にはAsukaly Global Mainとしての

中国移動通信のSIMに、世界中からのSMSが飛び込んでくる。

そんなSMSに対応するのにはちょっと苦労があるのである。

そこで困ったときのアリババ、Tao Baoである!

入力に適したDual SIM、Windows Mobile携帯を!

というかずっと探し続けていたのであるが中々出てこなかった

Qwerty + Dual SIM + WMだが、ここへ来て、、おおお!でだしたぞ!

Quadband dual sim Windows Mobile 6.1

12572258860.jpg

GPS WIFI Windows Mobile Phone Dual sim

W72_dual_sim_tv_windows_mobile.jpg

よぉおおお! 早速ぽちだ!

どっちにしようかなぁ・・・

どちらも3G非対応であるが、どうせ待機させるSIMでは

通信はほとんどしないのでこれで十分である。

これで全ての携帯電話をQwerty付きである。

iPhoneやアンドロイドは、気にならないことも無いのであるが

Asukalの仕事には使えないので当分はボツである。

仕事に使えてナンボである →仕事しているとこ見たことない(汗

Asukaly yours!

2010/11/7 日曜日

★中国で体験した怖い話(4)★

Filed under: 中国聊天 — Asukal @ 14:26:16

その人とAsukalの共通点は

@あるプロバイダーの日本の同じドメインを使ったメールアドレスを使う

中国国内と国外(日本、香港、タイ、マニラ等)からそのアドレスを使い

 メールを中国や日本へ頻繁に流す。

その人とAsukalのそのドメインを使ったメールにほぼ同じころ同じ問題が

発生し始めていた。

オリンピックの前の頃だっただろうか?

パスワードエラーなのである。

(more…)

★中国で体験した怖い話(3)★

Filed under: 中国聊天 — Asukal @ 13:51:03

ある年末の事である。

年明けに香港の仲間達とチベットへ旅行する予定を立てていた時の事である。

Asukalはサイゴンにいた。

ちょうどその時、旅行の目的地で事件が発生したようである。

そこへ旅行することはちょと難しくなりそうな気配である。

そこで香港の仲間たちへその事実関係を確認するために

メールを送る。

メールのアドレスは中国ドメインのアドレスである。

(more…)

★中国で体験した怖い話(2)★

Filed under: 中国聊天 — Asukal @ 13:38:21

深夜タクシーに乗る。

タクシーの乗る場合は一人なら助手席に乗るのが

シンセンの乗り方であるようなのでAsukalも通常は助手席に乗る。

数メートル先をバイクの二人乗りが走る。

しばらく走るとバイクからヘルメットが転げ落ちる。

わずか数メートル先でありもちろんタクシーは避け様もない。

タクシーはもちろん避けきれずそのヘルメットを踏みつぶしてしまう。

数メートル、おそらく5メートル先程であったと思う。

 

(more…)

★中国で体験した怖い話(1)★

Filed under: 中国聊天 — Asukal @ 13:11:02

うちのシンセンの番頭のところへ広州の病院で働く従兄弟から

電話が入った。

原因不明の疫病が流行り、何十人も病院で隔離されていると言う

話である。

医師や看護婦等の病院関係者にも感染し、運び込まれた患者も含め

すでに何十人も死んでいると言う恐ろしい話であった。

真実を確かめる為に広州で働く香港人の友人に電話して確認する。

彼もこの事実を知り避難の為すでに香港にいると言う。

当然うちの他の従業員達も恐怖におののく!

数日後、地元の新聞にもこれがニュースとして流される。

すでにシンセンはパニックであった。

昔見た映画、カサンドラクロス等の疫病、細菌兵器に犯された

街を題材にした物語が頭をよぎる!

町全体が閉鎖、隔離されるのでは!?、

大げさであるが運悪ければ市民全員病原菌殲滅目的で粛清されるのでは

無いかと冗談ではなく本当に心配するほどであった。

この疫病には酢が利く!酢をためたお椀を部屋のあちこちに置けば

感染から免れると言うデマが流れれば酢は街中から品切れになり

番頭たちはスワトウや梅州の親類に電話し酢をシンセンまで送ってもらおうと

するがすでに広東省付近の省でも酢は売り切れである。

東北地方出身の従業員が東北の故郷から送ってもらうと言う転回となる。

ニンニクを部屋につるすのが効果的と聞けばニンニクも売り切れで

街から姿を消す!

中国語のニュースも完全に聞き取れるほどではないので情報も限られている

と言う状況で本当に不安であった。

聞けば広州の日本人学校もすでに休校となり大手の駐在員達も

自宅待機や一時帰国と言う対応をしていた。

パニック状態が二週間ほど続いきこの時ほど怖い事は無かった。・

数日後、広州市長か共産党のトップか、保健省のトップか?

すでに記憶は定かではないがお偉いさんがテレビや新聞で報道する。

『今回の新型疫病は完全に制圧され政府のコントロールの下に措かれた。

すでに疫病は殲滅されもう感染の恐れは無い!人民よ安心せよ!』

と言うニュースであった。

 

(more…)

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.294 sec. Powered by WordPress ME